コンテンツにスキップ

子供の健康のためにスクリーンタイムと電磁波曝露のバランスを取る

on

テクノロジーが日常生活にシームレスに組み込まれるデジタルネイティブの時代において、子供たちの健康への影響に関する懸念が浮上しています。スマートフォン、タブレット、ワイヤレス デバイスの遍在により、若い世代の学び、遊び、交流の方法が変わりました。しかし、このデジタル革命の恩恵と並行して、画面の操作だけでなく、これらのデバイスによって生成される電磁場 (EMF) 放射による潜在的な健康影響に関する疑問も生じています。


スクリーンタイムの進化


スマートフォンによるワイヤレス技術の急増により、かつては珍しかったものが子どもたちの生活の中に常に存在するようになり、家庭、旅行中、教育現場、さらには社会的交流の中でさえも子どもたちの経験が形作られています。統計は説得力のある物語を伝えています。2015 年のフランスの調査では、2 歳未満の子供の 58% が一貫してスマートフォンを使用していることが明らかになり、幼い頃からスクリーンが普及していることがわかります。


スクリーンタイムとそれが子供の脳の発達に及ぼす影響



出典: 電気電子学会のマイクロ波理論と技術ジャーナル


議論の中心となるのは、無線デバイスによる電磁放射 (EMF) の放出です。 EMF は低周波エネルギーの一種で、特に長時間暴露すると細胞や身体の機能に影響を与える可能性があります。子供は体が小さく、細胞の複製が速く、水分含有量が多いため、EMF放射の影響を受けやすい可能性があります。この懸念により、これらの放出が小児期の脳発達の臨界期とどのように交差するかについて、より詳細な調査が求められています。


注目に値するもう1つの影響は、スクリーンタイムが子供の脳の発達にどのような影響を与える可能性があるかです。臨界期は、誕生から約 10 歳までに及び、脳が著しく発達する子供の人生において極めて重要な段階です。この期間はグルコース代謝速度の増加によって特徴づけられ、機能的活動の高まりを示します。この段階で発生する細胞の発生、遊走、シナプス形成などの複雑なプロセスは、過剰なスクリーン時間や EMF 曝露によって中断される可能性があります。これらの混乱が長期的にもたらす影響はまだ完全には理解されていません。




EMFに関する数多くの研究により、細胞の破壊や細胞通信の混乱に起因するさまざまな健康への影響が明らかになりました。これらの影響は、 ADHD、耳鳴り、不眠症、自閉症、がんなどの慢性疾患や、うつ病、アルツハイマー病、認知症などの精神的健康状態と相互に関連しています。さらに、EMF への曝露は、集中力、記憶力、注意力の低下に関連しています。注目すべきことに、EMF研究では遺伝子変異とDNA断片化が一貫して実証されており、がんにつながる潜在的な細胞変異に対する懸念が高まっています。膨大な証拠は、さまざまな生理学的および神経学的領域にわたる人間の健康に対する EMF の多面的な影響を強調しています。


ワイヤレスデバイスが身体の健康に与える影響


精神的健康以外にも、テレビを見る時間と身体的健康状態の悪化との関連性が研究によって特定されています。思春期の中国の学生を対象とした研究では、十分な激しい身体活動が、スクリーンタイムが精神的健康に及ぼす悪影響の一部に対する保護要素として機能することが判明しました。


さらに、スクリーンタイムの増加は小児期の肥満と関連しているとされています。オーストラリア国民健康医学研究評議会が資金提供した研究では、テレビ視聴時間が長いほどBMIが高くなることが判明した。スクリーンが子どもたちの注意を長時間惹きつけるようになるにつれて、伝統的な身体活動の形態は減少してきました。身体活動の減少は体重の増加と相関しており、全体的な健康のためには健康的な体重を維持することが重要であることが強調されています。


学習能力障害のリスク増加


最近の研究では、スクリーンタイムの増加と、コミュニケーションや問題解決スキルの発達の遅れとの間の潜在的な相関関係が調査されています。 7,097組の母親とその子供たちを対象としたある研究では、1歳児のスクリーン時間の増加とその後の発達遅延との間に関連性があることが判明した。さらに、2018年のデータでは、画面の前で1日2時間以上過ごす子どもは、言語テストと思考テストのスコアが低いことが明らかになりました。極端なケースでは、子供たちが7時間以上画面を見ていると、脳皮質が薄くなり、学習に不可欠な批判的思考や推論能力に影響を与えることが判明した。


子供のスクリーンタイムの管理


過剰なスクリーンタイムによる悪影響に対処するには、積極的なアプローチを採用することが重要です。家庭で実践して取り入れられることをいくつか紹介します。

  • 屋外アクティビティと身体的な遊び:長時間の画面視聴による座りっぱなしの性質を補うために、子供たちに屋外アクティビティや身体的な遊びに参加するよう奨励します。
  • スクリーンタイム制限を確立する:教育におけるテクノロジーの活用と過度の露出の防止とのバランスを取るために、毎日のデバイスの使用、特に子供向けの構造化されたガイドラインを導入します。これは健康上の推奨事項と一致しており、全体的な健康をサポートします。
  • 定期的なデジタル デトックス: 1 日または週の中で指定された時間をデジタル デトックスとして導入し、読書、屋外遊び、創造的な追求などの活動を奨励します。これにより、視聴時間が短縮されるだけでなく、EMF への曝露も最小限に抑えられます。
  • スクリーンフリーゾーンを作成する:睡眠衛生の向上を促進するために、家の特定のエリア、特に寝室をスクリーンフリーゾーンとして指定します。
  • 教育的意識:過剰なスクリーン時間と電磁波への曝露による潜在的な健康への影響について、親と子供の両方の意識を高めます。情報に基づいた意思決定により、家族は関連するリスクを軽減するための実践的な戦略を実行できるようになります。 Radia Smart は、日常の EMF 放射に対する意識を高めることを目的としています。 EMF 放射線と子供に関する詳細情報をご覧ください

上記のヒントを組み込むことで、あなたとあなたの家族はデジタル環境をより慎重にナビゲートし、画面テクノロジーの利点と潜在的な欠点の間のより健全なバランスを育むことができます。


参考文献:






Related Posts

Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?
April 11, 2024
Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?

In our modern world, we are surrounded by electromagnetic fields (EMFs) emitted from various...

続きを読む
The Unseen Impact: How 5G Affects the Environment, Wildlife, and Your Beloved Pets
March 18, 2024
目に見えない影響: 5G が環境、野生生物、そして私たちの愛するペットに与える影響

技術が急速に進歩する時代において、5G の到来は興奮と不安の両方を引き起こしました。より高速な接続とシームレスな通信の約束を享受する一方で、一歩下がって、野生動物から私たちの最愛のペットに至るまで、自然界に対する 5G の潜在的な影響を調査することが重要です。 5G とその環境フットプリントを理解する 効果について説明する前に、5G が何を意味するのかを理解しましょう。第 5 世代のワイヤレス テクノロジーである 5G は、より高速なデータ転送、遅延の削減、接続の強化を約束します。しかし、その導入により、環境への影響、特にエネルギー消費と生態系への潜在的な影響について疑問が生じます。...

続きを読む
Drawer Title
類似製品