コンテンツにスキップ

目に見えない脅威: 無線放射線が子供の健康に及ぼす影響を明らかにする

on

今日のデジタル時代において、ワイヤレス技術は私たちの生活に不可欠な部分となっています。スマートフォンやタブレットから Wi-Fi ネットワークに至るまで、私たちは常に電磁放射線に囲まれています。しかし、無線デバイスの使用が増え続けるにつれて、特に弱い立場にある子供たちに対する潜在的な健康影響についての懸念が生じています。この記事では、無線放射の世界を掘り下げ、子どもの健康への影響を探り、私たちの注意を必要とする目に見えない脅威に光を当てます。

無線放射について

高周波放射 (RFR) とも呼ばれるワイヤレス放射は、携帯電話、タブレット、ラップトップ、Wi-Fi ルーター、Bluetooth デバイスなどのワイヤレス デバイスから放射される電磁放射の一種です。これらのデバイスは、無線で信号を送受信することで動作し、電波を利用して通信を容易にします。しかし、無線技術の普及により RFR への曝露が増加し、人間の健康に対する潜在的な影響に関する懸念が高まっています。

すでに多くの著者が、無線放射線とがん、脳の発達障害、記憶障害、生殖への影響などのさまざまな健康問題を結びつける説得力のある証拠を発表している。また、酸化ストレス、DNA損傷、心筋症、発がん性、精子損傷、記憶障害、神経学的影響の影響も強調しています。

2011 年、世界保健機関 (WHO) の一部門である国際がん研究機関 (IARC) は、高周波放射線をグループ 2B の発がん物質の可能性があると分類しました。この分類により、この形態の非電離電磁放射線に関連する潜在的なリスクについての懸念が生じました。それ以来、査読済みの科学研究が数多く発表され、現在世界中の政府によって許容されていると考えられている曝露レベルでも発生する可能性のある悪影響に新たな光が当てられています。

子ども特有の脆弱性

 

子供は、無線放射に関連する潜在的なリスクに特に敏感です。著名な専門家グループが執筆した最近の科学論文では、無線放射が子供の健康と発達に与える潜在的な害について懸念が提起されています。彼らの体はまだ発育途上にあり、成長中の組織や器官は大人と比べてかなり多量の放射線を吸収する可能性があります。

妊娠、乳児期、小児期は、脳の急速な発達を特徴とする重要な段階です。子供は神経細胞の成長速度が速く、ニューロンを取り囲む保護ミエリン鞘は 20 代半ばまで完全には形成されません。発達初期における放射線への環境曝露が最小限であっても、神経発達に長期にわたる影響を与える可能性があります。

研究によると、子供の脳は大人の2~5倍の放射線を吸収し、骨髄は最大10倍の放射線を吸収する可能性があります。さらに、子供の目や生殖器は吸収率が高いため、RFR の影響を受けやすくなっています。

この画像は、子供の頭が大人よりも多くの放射線を吸収することを示しています - 1996 年電気電子学会 (IEEE)

無線電波が子供に及ぼす健康への潜在的な影響をいくつか紹介します。

1. 神経発達への影響

子供の脳は急速に成長し、発達するため、外部からの影響を非常に受けやすくなります。いくつかの研究は、無線放射線被曝と子供の脳の発達、記憶、注意、認知に対する悪影響との間に潜在的な関連性があることを示唆しています。出生前に RFR にさらされると、脳の構造と機能が損なわれ、子孫の行動が変化し、認知能力が低下することがわかっています。

2. がんリスクの増加

無線放射線の潜在的な影響で最も懸念されるものの 1 つは、がんのリスク増加との関連です。研究では、RFRへの長期曝露と小児における脳腫瘍、特に多形神経膠芽腫の発症との間に関連性がある可能性があることが示されています。科学界はこの相関関係の強さについて議論を続けていますが、今回の調査結果は注意とさらなる調査の必要性を浮き彫りにしています。

電磁波(EMR)に関連する潜在的な健康リスクについては数多くの研究が調査されており、最も説得力のある証拠の 1 つは、EMR と小児白血病の関連性を示しています。ナンシー・ヴェルトハイマーは、高磁場の家庭での生活と小児白血病の発生率との間に強い関連性があることを明らかにした画期的な研究を実施した。

膨大な量の住宅研究が明らかになり、そのすべてがヴェルトハイマーの最初の発見を裏付けるものとなった。これらの研究は、高圧送電線の近くに住んでいたり、電気機器の近くで眠ったりするなど、日常的な曝露レベルであっても小児白血病のリスクが増加することを示しています。このような状況にさらされた子供たちの白血病発生率は、予想の 2 倍、3 倍、さらには 4 ~ 5 倍でした。

3. 生殖への影響の可能性

無線放射も生殖に関する健康に悪影響を及ぼす可能性があると示唆されています。研究によると、RFR曝露は精子の質を損ない、生殖能力を低下させ、男性と女性の両方の生殖器官に影響を与える可能性があることが示されています。子供の生殖器系がまだ発達段階にあることを考えると、これらの潜在的な影響は、将来の生殖に関する健康と生殖能力に関する懸念を引き起こします。

EMR に関するもう 1 つの懸念事項は、生殖能力と生殖に対する潜在的な影響であり、多くの家族に影響を与える可能性があります。米国だけでも、500万人以上が不妊症を経験しています。 2010年の欧州科学財団の重要な報告書は、男性の約5人に1人が「生殖能力が低い」と考えられており、先進国では過去20年間にわたって精子の質と数が一貫して低下していることを強調した。この減少は、私たちの日常生活における主要なコミュニケーションツールとなった携帯電話の普及と同時に起こります。実際、男性の生殖能力は過去 10 年間で 20 ~ 30% も減少しました。

2009 年、エイトケン博士と彼のチームは、3G 携帯電話信号の一般的な周波数に似た 1.8 GHz の周波数の携帯電話信号に精子を曝露しました。その結果、精子の運動性と活力が低下することが観察されました。興味深いことに、携帯電話からの放射線は精子のミトコンドリアから電子を漏洩させ、酸化ストレスを引き起こしました。この酸化ストレスは DNA 損傷と不妊症に関連しています。エイトケン博士と他の研究者によるこれらの発見は、男性の生殖能力に対する携帯電話の放射線の潜在的な影響について重要な考慮事項を提起しています。

4. 睡眠障害と行動上の問題

過度のスクリーンタイムと無線デバイスへの曝露は、子供の睡眠障害に関連していると考えられています。画面から発せられるブルーライトは、睡眠パターンを調節するホルモンであるメラトニンの生成を妨げる可能性があります。睡眠不足は、認知機能の低下、気分障害、行動上の問題など、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。

デンマークと米国の共同研究によると、2005 年から 2006 年にかけて 7 歳児を持つ母親 13,000 人以上を対象とした調査が行われました。その結果、興味深い相関関係が明らかになりました。妊娠中に携帯電話を使用した母親は、妊娠中に携帯電話を使用する可能性が 54% 高いということです。多動や社会的交流の困難など、行動上の問題を抱えた子供がいる。

さらに、2008年に実施されたエジプトの研究では、妊娠中の携帯電話の使用が胎児に及ぼす影響も調査されています。研究者らは、携帯電話の放射線への曝露が赤ちゃんの心拍数の増加と胎児の心拍出量の減少につながることを発見しました。これらの発見は、出生前発達に対する携帯電話の使用の潜在的な影響を明らかにします。

5. 内分泌かく乱

無線放射は、ホルモン系の正常な機能を妨げる可能性のある物質である内分泌かく乱物質の特性を示しています。内分泌系の混乱は、思春期、成長、生殖に関する健康など、発達のさまざまな側面に影響を与える可能性があります。

 

暴露を最小限に抑え、より安全な行為を推進する

 

無線放射が子供の健康に及ぼす長期的な影響を完全に理解するにはさらなる研究が必要ですが、予防措置を講じることは潜在的なリスクを軽減するのに役立ちます。親と介護者が実行できるいくつかの実際的な手順を次に示します。

1. スクリーンタイムを制限する

バランスのとれた画面の使用を奨励し、アウトドア活動やその他の画面を使用しない趣味を促進します。

2. テクノロジーフリーゾーンの作成

寝室やダイニングエリアなど、家の特定のエリアをテクノロジーフリーゾーンに指定して、より良い睡眠と家族の交流を促進します。

3. 有線接続を使用する

可能な限り、無線デバイスのみに依存するのではなく、有線接続を選択してください。有線インターネット接続とヘッドフォンを使用すると、無線放射線への直接曝露を最小限に抑えることができます。

4. デバイスを身体から遠ざけてください

体との直接接触を減らすために、デバイスを膝の上ではなくテーブルや机の上で使用するよう子供たちに奨励します。

5. 機内モードを使用する

デバイスがアクティブに使用されていない場合は、機内モードに切り替えると、ワイヤレス放射の放出を減らすことができます。

6. 低放射線機器を選択する

身体が特定のデバイスからの放射線を吸収する割合を示す比吸収率 (SAR) 値が低いデバイスを調査して選択します。

7. EMF シールド衣服を使用する

たとえ短い時間であっても、時々子供たちに画面を見る時間を与えることは、幼児が夢中になれるので、特に忙しいときに私たち親にとって大きな助けになります。無線放射線から子供たちを守るために、上の画像にある子供用 EMF 保護フード付きポンチョなどの放射線遮蔽アイテムの購入を検討してください。適切な抗電磁服を着用すると、携帯電話、Wi-Fi、Bluetooth、および 5G 周波数から放出される放射線へのお子様の曝露を大幅に減らすことができます。

ワイヤレス技術が進歩し続けるにつれて、子供たちの健康と福祉を優先することが非常に重要です。無線放射が子供の健康に及ぼす影響の全容は依然として不明ですが、既存の証拠は注意を要する潜在的なリスクを示唆しています。

予防措置を講じ、意識を高め、さらなる研究を提唱することで、私たちは子供たちにとってより安全な環境を作り、ワイヤレス技術の利点と、子供たちの発育中の体と心を保護する必要性との間のバランスを取ることに努めることができます。

参考文献:

https://ehtrust.org/children-and-cell-phone-radiation-health-Effects-scientific-research/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6240172/#:~:text=From%20currently%20available%20studies%20it、生成%20遺伝毒性%2C%20ゲノム%20不安定%20および

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0013935119308102

https://ehp.niehs.nih.gov/doi/10.1289/EHP2427

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28780396/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21138897/

Related Posts

Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?
April 11, 2024
Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?

In our modern world, we are surrounded by electromagnetic fields (EMFs) emitted from various...

続きを読む
The Unseen Impact: How 5G Affects the Environment, Wildlife, and Your Beloved Pets
March 18, 2024
目に見えない影響: 5G が環境、野生生物、そして私たちの愛するペットに与える影響

技術が急速に進歩する時代において、5G の到来は興奮と不安の両方を引き起こしました。より高速な接続とシームレスな通信の約束を享受する一方で、一歩下がって、野生動物から私たちの最愛のペットに至るまで、自然界に対する 5G の潜在的な影響を調査することが重要です。 5G とその環境フットプリントを理解する 効果について説明する前に、5G が何を意味するのかを理解しましょう。第 5 世代のワイヤレス テクノロジーである 5G は、より高速なデータ転送、遅延の削減、接続の強化を約束します。しかし、その導入により、環境への影響、特にエネルギー消費と生態系への潜在的な影響について疑問が生じます。...

続きを読む
Drawer Title
類似製品