コンテンツにスキップ

目に見えない影響: 5G が環境、野生生物、そして私たちの愛するペットに与える影響

on

技術が急速に進歩する時代において、5G の到来は興奮と不安の両方を引き起こしました。より高速な接続とシームレスな通信の約束を享受する一方で、一歩下がって、野生動物から私たちの最愛のペットに至るまで、自然界に対する 5G の潜在的な影響を調査することが重要です。


5G とその環境フットプリントを理解する


効果について説明する前に、5G が何を意味するのかを理解しましょう。第 5 世代のワイヤレス テクノロジーである 5G は、より高速なデータ転送、遅延の削減、接続の強化を約束します。しかし、その導入により、環境への影響、特にエネルギー消費と生態系への潜在的な影響について疑問が生じます。


  1. エネルギー消費と二酸化炭素排出量

差し迫った懸念の 1 つは、5G インフラストラクチャに関連するエネルギー需要の増加です。ネットワークの機能に不可欠な多数のスモール セルの展開には、継続的な電力が必要です。このエネルギー消費量の増加は二酸化炭素排出量の増加につながり、気候変動という世界的な課題をさらに増大させます。


環境保護庁 (EPA) の報告書では、2010 年の世界の温室効果ガス排出量の 25% が電力と熱の生産によるものと推定されており、エネルギー関連の環境への影響の重要性が強調されています。


  1. E-Waste: 技術進歩の結果

5G への移行には、時代遅れのデバイスとインフラストラクチャの置き換えが含まれます。この技術的飛躍は、時代遅れの機器が時代遅れになるにつれて、電子廃棄物 (e-waste) の急増につながります。電子機器の適切な処分とリサイクルは、電子機器廃棄物による環境への影響を軽減し、有害物質が生態系に侵入するのを防ぐために不可欠です。


  1. 野生動物の電磁場に対する脆弱性

野生動物を含む人間以外の種が人為的電磁場 (EMF) に対して脆弱であることを示唆する証拠が増えています。既存の暴露基準の主な焦点となっていた人間とは異なり、野生動物は電磁界の潜在的な悪影響に対する保護を欠いています。


移動、生殖、生活リズムなどの重要な活動を地球の静磁場に依存しているさまざまな種の生理学的特異性は、人工電磁波の影響についての懸念を引き起こしています。


  1. 鳥や昆虫への影響

研究によると、生態系の重要な構成要素である鳥や昆虫が電磁波曝露により混乱を経験する可能性があることが示されています。 「動植物に対する非電離電磁場の影響」のレビューでは、さまざまな種の方向性、移動、生殖、生存に悪影響を与えることが明らかになりました。特に鳥類と昆虫には大きな影響があり、これらの種の発育と繁殖が最も大きな影響を受けました。


たとえば、渡り鳥の鳴鳥やショウジョウバエの研究では、磁場に反応するクリプトクロムと呼ばれるタンパク質が網膜に存在することが明らかになりました。 EMF によるこれらの磁気応答の破壊の可能性は、これらの種の航行能力に関する懸念を引き起こします。


  1. ミツバチとコロニー崩壊障害


受粉におけるミツバチの重要な役割により、ミツバチの健康は生態系の健全性と食糧生産にとって非常に重要です。研究では、携帯電話塔からの電磁放射線などの電磁放射線への曝露がミツバチに悪影響を与える可能性があることが示唆されています。影響には、嗅覚の興奮性の抑制、短期記憶障害、および群がる行動を開始したり警告/苦痛信号として機能する作業員の配管などの誘発性ストレス反応が含まれます。


さらに、携帯電話の放射線への曝露は、運動活動の低下、生体分子の変化、産卵の減少、およびコロニー崩壊障害と関連付けられています。


  1. 魚や水生生物への影響


上の写真: ゼブラフィッシュの形態発達に対するγ線の影響。 (A) 3 つの典型的な発達変形指標: 尾の湾曲、脊椎の湾曲、心膜嚢、および卵黄嚢の拡大。 (B) ゼブラフィッシュ 72 hpf の孵化率、死亡率、奇形率。 * P < 0.05; * * P < 0.01。


懸念の多くは陸上環境に焦点を当てていますが、水生生物も例外ではありません。オレゴン州立大学による研究では、ゼブラフィッシュに対する 5G ミッドバンド曝露の長期的な行動への影響が調査されました。この発見は、微妙ではあるが重大な異常な反応を示唆しており、長期的な行動への影響の可能性を示しています。


さらに、RF 放射線は酸化ストレス遺伝子の転写を増加させ、コレステロール代謝を変化させて増殖速度を低下させることが判明しました。これは、5G が水生生物に及ぼす影響を完全に理解するには、多様な生態系にわたる包括的な研究の必要性を強調しています。


  1. ペットへの潜在的な影響

私たちの最愛の家族の一員であるペットも、5G によってもたらされる変化から影響を受けないわけではありません。懸念は、電磁放射の増加による概日リズムの乱れから神経系への潜在的な影響まで多岐にわたります。この分野の研究はまだ発展途上ですが、責任あるペットの飼い方には、変化する技術情勢とその潜在的な影響を認識する必要があります。


  • ストレスと不快感

  • ペットは感覚が鋭敏であるため、電磁場に長時間さらされるとストレスや不快感を感じることがあります。影響の全容はまだ精査中ですが、新たな研究では、EMFの増加とペットの行動の変化との間に潜在的な関連性があることが示唆されています。


    犬、猫、その他の動物は、電磁放射線の上昇に反応して行動パターンの変化を示すことがあります。睡眠パターンの変化、落ち着きのなさの増加、または不安の兆候は、彼らが経験している環境ストレスの指標である可能性があります。


    リスクを軽減し、ペットの健康を向上させる


    1. EMF保護製品への投資

    ペット向けに特別に設計された EMF 保護製品の市場を探索してください。 EMF保護マットまたはベッドは、ペットが休むための遮蔽されたスペースを提供し、ダウンタイム中のペットの曝露を最小限に抑えることができます。


    1. アウトドアタイムと自然のつながり

    ペットが自然と触れ合える屋外活動を奨励しましょう。新鮮な空気と緑地は、屋内環境に浸透する電子スモッグに対する自然な緩衝材となります。


    1. 家庭内にEMFフリーゾーンを作成する

    ペットが電子機器にさらされるのを減らします。携帯電話、タブレット、ノートパソコンを長時間近くに放置しないでください。ペットが避難できる、指定された「デバイスのない」ゾーンを家の中に作成します。




    参考文献:


    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9732734/

    https://www.earthreminder.com/is-5g-bad-for-the-environment-humans-and-animals/

    https://www.europarl.europa.eu/doceo/document/E-9-2020-001204_EN.html

    https://ehtrust.org/electromagnetic-radiation-wildlife-and-environment/

    https://www.naturalscience.org/news/2021/02/animals-and-plants-under-radiation-stress/

    https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0147651318301489#:~:text=It%20was%20reported%20that%20100,Dasgupta%20et%20al

    Related Posts

    Is Radiation from Airport Body Scanners Dangerous?
    June 07, 2024
    Is Radiation from Airport Body Scanners Dangerous?

    Air travel is an integral part of modern life, with millions of people passing through airport security every...

    続きを読む
    Wireless Radiation and Digital Amnesia
    May 23, 2024
    Wireless Radiation and Digital Amnesia

    In today's fast-paced world, it's not uncommon to forget appointments or tasks, leading many...

    続きを読む
    Drawer Title
    類似製品