コンテンツにスキップ

学校が立ち向かう: 学習と福祉を強化するために無線デバイスの禁止

on

テクノロジーが支配する世界において、世界中の学校はデジタル デバイスを学習環境に組み込むという課題に取り組んでいます。しかし、教育の改善に向けた前向きな取り組みとして、オランダ、フランス、オーストラリアと米国のさまざまな地域は、教室での無線機器の使用を禁止するという大胆な一歩を踏み出そうとしています。この動きは、そのようなデバイスが集中力を妨げ、学習プロセスを妨げる可能性があることを示唆する科学的研究への対応として行われた。

この記事では、この決定の背後にある理由を探り、携帯電話、タブレット、その他の無線機器を教育現場から排除することの潜在的な利点を詳しく掘り下げていきます。

学校におけるワイヤレス技術に対するフランスの慎重なアプローチ

フランスでは、教育現場での Wi-Fi の使用に関して厳しい規制があります。幼稚園では Wi-Fi が禁止されており、学校では無線のデフォルト設定がオフになっています。代わりに、教師はインターネット アクセスに有線コンピューターを使用します。学校内のネットワークは主に有線で接続されており、無線が必要な場合は、教室内で必要に応じて短時間だけアクティブにし、使用後はオフにします。

さらに、フランスは無線信号への曝露をさらに制限するために、小中学校での携帯電話の使用を禁止しました。さらに、政府は数年にわたり、公衆衛生への取り組みを通じて、電磁放射線への曝露を減らす方法についての国民の教育に積極的に取り組んできました。これらの措置は、教育環境におけるテクノロジーの使用に関して、学生と国民の健康と安全を優先するという国の取り組みを反映しています。

オランダ政府の取り組み

オランダ政府は、2024 年 1 月 1 日から教室でのデジタル デバイスの使用を禁止する積極的な姿勢をとりました。ロバート・ダイクグラーフ教育大臣は、携帯電話は集中力を妨げ、最終的には学習プロセスを妨げるという考えを裏付ける科学的研究を引用した。禁止措置の実施は個々の学校に合わせて行われ、意思決定プロセスには保護者、教師、生徒が関与する。この協力的なアプローチは、禁止が効果的であり、教育機関内で十分に受け入れられるようにすることを目的としています。


学習環境を改善するニューサウスウェールズ州の取り組み

ニューサウスウェールズ州でも、学校は無線機器の禁止に向けて大幅な措置を講じている。 2023年の第4学期の始まりまでに、ニューサウスウェールズ州の学校は授業中、休み時間、休み時間中の携帯電話の使用を禁止する予定です。この決定は、スマートフォンが学生の学習と精神的健康に与える影響についての懸念によって引き起こされた。


ニューサウスウェールズ州副首相兼教育・早期学習大臣のプルー・カー氏は、全面的な禁止によって競争の場が平準化され、教室での気が散ることが減り、ネットいじめと闘い、より良い学習成果が促進されると信じている。コンデルパーク高校が 16 年間電話禁止を維持することに成功したことは、そのような措置によって達成できる利点の好例として役立ちます。


学校における安全なテクノロジーを支持する教師組合

教師組合は、さまざまな手段を通じて学校での安全なテクノロジーを提唱しています。ニューヨーク州教職員組合は、「無線技術のリスクと学校の子供と職員の保護」と題したウェビナーを開催し、「学校向けのベストプラクティス」に関するプレスリリースを発行しました。同様に、サンフランシスコ教育連盟は、教室での携帯電話の使用削減に関する情報の掲載や情報ウェビナーの開催などを含む、より安全な技術に関する決議を可決しました。


2016 年、オンタリオ州小学校教師連盟は「WI-FI の一時停止」を求め、2013 年にはカナダ教師連盟が「学校での Wi-Fi の使用」と題した説明文書を発行し、教育プログラムの推進を発表しました。潜在的なリスクと、Wi-Fi アクセス ポイントやデバイスへの曝露を回避する方法についての認識。


証拠に基づいた議論

無線デバイスを禁止するという決定は、インターネットに接続されたデバイスが学習や認知に及ぼす悪影響を浮き彫りにする一連の研究によって裏付けられています。主要な調査結果には次のようなものがあります。


  1. スクリーンタイムの制限による認知力の向上: 2018年の研究では、子供のスクリーンタイムを制限すると認知能力の向上に関連していることが明らかになりました。デジタルによる気の散りを減らすことで、生徒は集中力、記憶保持力、認知能力の向上を経験できる可能性があります。

  1. 認知機能の変化:ウェスタンシドニー大学、オックスフォード大学、マンチェスター大学の科学者らは、インターネットの使用が認知の側面に影響を与え、記憶や社会的相互作用に影響を与えていることを発見しました。授業時間中にデジタル機器への曝露を最小限に抑えることで、生徒は集中力が向上し、対人関係が良好になる可能性があります。

  1. パフォーマンスへの悪影響:研究によると、仕事の休憩中に携帯電話を使用すると、その後のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。同様に、教室での活動中にスマートフォンが存在すると、無意識のうちに注意がそらされ、最適な学習が妨げられる可能性があります。

  1. 認知能力の低下:シカゴ大学が実施した研究では、スマートフォンが存在するだけで「利用可能な認知能力」が低下することが明らかになりました。スマートフォンに大きく依存していた学生は、認知能力が最も著しく低下しました。これは、授業時間中のスマートフォンの使用を制限すると、生徒の全体的な認知機能にプラスの影響を与える可能性があることを示唆しています。

オランダとフランスの政府、オーストラリアと米国の各州が教室での無線機器に対して措置を講じるという決定は、そのような機器が集中力、認知、学習成果に悪影響を与えることを示唆する豊富な証拠に基づいている。


学校は、気を散らすことのない学習環境を作り出すことで、生徒に学業で優れた成績を収めるより良い機会を提供し、健全な社会的交流を促進することを目指しています。これらの禁止措置が実施されるにつれ、学生、保護者、教育者が協力して教育におけるこの前向きな変化を支援し、それが学習体験にもたらす恩恵を受け入れることが期待されています。




参考文献:

https://ehtrust.org/health-Effects-wireless-in-schools/

https://www.wirelesseducation.org/1073-2/

https://www.emfhome.com/news/wifi-health-school

https://www.rte.ie/news/world/2023/0704/1392767-netherlands-phone-school-ban/

https://emraustralia.com.au/blogs/news-1/schools-to-ban-wireless-devices



Related Posts

Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?
April 11, 2024
Is EMF Radiation Affecting your Gut Health?

In our modern world, we are surrounded by electromagnetic fields (EMFs) emitted from various...

続きを読む
The Unseen Impact: How 5G Affects the Environment, Wildlife, and Your Beloved Pets
March 18, 2024
目に見えない影響: 5G が環境、野生生物、そして私たちの愛するペットに与える影響

技術が急速に進歩する時代において、5G の到来は興奮と不安の両方を引き起こしました。より高速な接続とシームレスな通信の約束を享受する一方で、一歩下がって、野生動物から私たちの最愛のペットに至るまで、自然界に対する 5G の潜在的な影響を調査することが重要です。 5G とその環境フットプリントを理解する 効果について説明する前に、5G が何を意味するのかを理解しましょう。第 5 世代のワイヤレス テクノロジーである 5G は、より高速なデータ転送、遅延の削減、接続の強化を約束します。しかし、その導入により、環境への影響、特にエネルギー消費と生態系への潜在的な影響について疑問が生じます。...

続きを読む
Drawer Title
類似製品